娘から貰った手紙に泣きました。

Posted on by admin@

娘が小学校二年生の時、私が入院することになった時に娘から貰った手紙に、なみだが溢れてとまりませんでした。
まだ8歳で小さいながらも、母親が入院することがどんなことなのかを理解していたのでしょうか。
娘は「笑顔いっぱい、元気いっぱい」と書いた紙に、家で飼っているダックスの似顔絵と笑顔いっぱいの自分の似顔絵を描いて渡してくれました。
入院中それを見た看護師さんが「素敵な娘さんですね。」と言ってくれて、その場でも涙が溢れました。

お見舞いにきてくれた娘はずっと笑顔でいてくれましたが、あとから主人が「ママ、死なない?」と娘が泣きながら聞いてきたと教えてくれました。
無事退院してからすぐが、ちょうど母の日だったのですが、その時にも手紙を貰いました。
「これからもずっとずっと私のそばにいてね。いつもいつも笑顔のママが大好きだよ。
元気で今日の母の日を迎えられて嬉しいです。ママがいなくて寂しかったけど頑張ったよ。
パパも寂しがっていたよ。大大大好きなママへ」って。これにも涙がとまりませんでした。横から手紙を盗み見していた主人も号泣し、二人で大号泣してしまいました。大事な大事な娘からの贈り物です。